2012年4月1日から外来受診でも限度額適用認定証が使えるようになります。


広報ID1003556  更新日 平成28年8月21日


今まで入院のみに適用されていた限度額適用認定証が,2012年4月1日から外来受診の時でも使用できるようになります。


外来受診時の限度額適用認定証について

従来は,高額な外来診療を受けたとき,窓口負担額がひと月の自己負担限度額を超えた場合でも,一旦その額を医療機関などの窓口で支払った上で,国民健康保険に高額療養費の申請をすることで,超えた額を払い戻していました。

2012年4月1日からは,医療機関等の窓口に限度額適用認定証を提示すると,自己負担限度額を超える分を支払う必要がなくなります。

なお,限度額適用認定証は,一医療機関ごとの適用になりますので,複数の医療機関等を受診した人は,後で高額療養費の申請を行うと,さらに払い戻される場合があります。

限度額適用認定証の申請に必要なもの

(注)2012年4月1日以前に発行された限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証持っている人は,再度手続きする必要はありません。外来で高額な受診をする場合には,持っている認定証を提示してください。


関連情報


市民部 健康保険課 給付係
電話番号:019-613-8436
ファクス番号:019-622-6211
〒020-8530
盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館1階


[0] 盛岡市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City of Morioka , All Rights Reserved.