公共施設保有の最適化と長寿命化


ページ番号1009705  更新日 令和3年3月25日


市は,自治体経営の指針の1つに「経営資源配分の最適化」を定めており,取り組みの方向性として「公共施設保有の最適化と長寿命化」を掲げています。この取り組みでは,人口減少に合わせて施設保有量を最適化し,次世代に継承可能な施設保有とするとともに,ニーズの変化に対応した住民サービスの提供や,効果的で効率的な施設運営を行い,「公共施設保有の最適化」を図ります。また,計画的な保全の実施により,維持管理のさらなる効率化や更新費用の低減を行い,施設の「長寿命化」を図り,将来世代に過度な負担を強いることの無い,持続可能な住民サービスの提供を続けるための取り組みを進めることとしています。

基本方針および計画について

市は公共施設アセットマネジメントへの具体的な取り組みとして,次の基本方針と計画を策定しています。

共施設アセットマネジメント」とは,施設,設備を資産として捉え,その損傷・劣化などを将来にわたり予測することや管理運営における費用対効果を詳細に把握しデータ化することなどにより,効果的かつ効率的な維持管理を行うための方法のことをいいます。

基本方針

計画

公共施設等総合管理計画

公共施設保有最適化・長寿命化計画

長期計画,中期計画及び実施計画があります。なお,実施計画については,毎年度,進捗状況を公開しています。

周知に向けた取り組みについて

盛岡市の公共施設アセットマネジメントの取り組みを幅広い世代に知っていただくため,平成29年度岩手大学地域課題解決プログラムの一環として,大学生と市が協力してマンガやイラスト等の各種コンテンツ作成に取り組んでいます。

計画の詳細および策定の経緯について

市では計画策定にいたるまでの取り組みとして,施設カルテの作成および公表,新たな市民参画手法の取り入れ等を行ってきました。計画の詳細およびこれまでの経緯については下記のリンクをご参照ください。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


財政部 資産経営課
電話番号:019-603-8007
ファクス番号:019-622-6211
〒020-8530
盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館6階


[0] 盛岡市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City of Morioka , All Rights Reserved.