盛岡ブランド推進計画(平成17年度〜平成26年度)


広報ID1009718  更新日 令和3年3月12日


盛岡ブランド開発の背景

人口減少,少子高齢化の進行,地方分権の進展などにより,地域間競争が激化する中,本市が「訪れたいまち」,「暮らしてみたいまち」,「住みつづけたいまち」として,市内外の人々から「選ばれるまち」になるため,盛岡の歴史,自然,景観,風土,特産品,文化,先人など,あらゆる角度から,

  1. 「盛岡の有形・無形の地域資産」がもつ魅力(盛岡らしさ)を掘り出し,育み,磨き上げ,市外に発信すること
  2. 「盛岡らしさ」により他の地域との差別化を図ることで,盛岡が市内外の人々に「価値あるもの」と評価され,多くの人から「選ばれるまち」となり,地域の活性化が図られるなど,元気なまちづくりが推進されること
  3. 市民がこの「盛岡らしさ」についての価値観を共有し,盛岡に誇りや愛着をもち,生活すること

を目指し,平成18年1月から平成27年3月までを計画期間とする盛岡ブランド推進計画を策定し,盛岡ブランドの開発に取り組んできました。

[画像]写真2(184.2KB)

主な取組内容

  1. 盛岡ブランド宣言,キャッチコピー,ロゴマークの作成
    盛岡ブランドのコンセプトをわかりやすく伝え,より強力に外部に発信するツールとして,盛岡の価値や魅力を言い表した「盛岡ブランド宣言」を行うとともに,キャッチコピー,ロゴマークを作成し,盛岡ブランドのPRを行ってきました。
  2. 庁内各課などの実施事業の盛岡ブランド推進計画への位置付け
    これまで庁内の各課などがそれぞれ実施してきた事業のうち,盛岡ブランドに関連がある事業を計画の推進項目に位置付け,全庁で盛岡ブランドの推進に取り組んできました。
  3. 4つの主要プロジェクトの設定
    盛岡ブランドのコンセプトと合致し,盛岡ブランドを代表するものを,重点的に取り組む「主要プロジェクト」として位置付け,事業を展開してきました。

まちなみ保存活用プロジェクト

盛岡市歴史的街並み保存活用基本計画の策定,歴史的街並み整備事業補助制度の創設,歴史的建造物の保存・活用など

[画像]写真5(53.4KB) [画像]写真6(11.4KB)

もりおか水の恵み活用プロジェクト

盛岡・北上川ゴムボート川下り大会,平成の名水百選の活用など

[画像]写真8(17.0KB) [画像]大慈清水(16.9KB)

特産品認証プロジェクト

盛岡特産品ブランド認証制度の創設,認証商品の首都圏などでのPRなど

[画像]写真11(11.1KB) [画像]写真12(71.8KB)

先人と文化振興プロジェクト

全国高校生短歌大会(短歌甲子園)の開催など

[画像]写真14(10.0KB)

主な成果

これまで埋もれていた「盛岡らしい有形・無形の価値や魅力」を「盛岡ブランド」として整理・体系化できたこと

「盛岡ブランド宣言」,「キャッチコピー」及び「ロゴマーク」を作成し統一感のあるPRを実施できたこと

盛岡三大麺(盛岡わんこそば,盛岡冷麺,盛岡じゃじゃ麺),盛岡さんさ踊りや南部鉄器など,個々のブランドの全国的な知名度が向上したこと

主な課題

「盛岡ブランド」の市民への浸透が不十分

「盛岡ブランド」の推進方策として掲げた仕組みの形骸化

シティプロモーションの視点に基づく市外への情報発信の不足


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


市長公室 企画調整課 都市戦略室
電話番号:019-613-8370
ファクス番号:019-622-6211
〒020-8530
盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館8階


[0] 盛岡市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City of Morioka , All Rights Reserved.