ゴイサギの営巣による生活被害について


広報ID1001648  更新日 令和2年1月7日


ゴイサギの営巣による生活被害について

近年,市内市街地でゴイサギが繁殖期に数十羽から数百羽集まって巣を作ることで,糞などによる悪臭や鳴き声による騒音に悩まされる被害が出ています。

巣が作られ,卵が抱かれるようになってからになると,親鳥は巣を離れようとしなくなるため,営巣地を移動させることは極めて困難になります。
また,卵やひながいる巣を取り除くことは,「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」によって原則として禁止されています。

[画像]ゴイサギ写真1(34.0KB) [画像]ゴイサギ写真2(66.4KB)

被害を防ぐためには

ゴイサギの繁殖開始時期は一般的には4月からであり,巣を作り始めているのが確認された場合,卵を産む前に早期に追い払うことが重要です。
追い払いの方法には,飛来している樹木の刈払い,テグスやネットを張るなどの飛来妨害,爆竹や目玉風船などを用いた音や視覚での追い払いなどがあります。

市街地の樹木におけるゴイサギの営巣を防ぐためには,こまめな監視による早期発見と,刈払いを行うなどの適切な管理が重要です。

ご相談や営巣の情報がありましたら,環境企画課までご連絡ください。

ゴイサギについて

[画像]ゴイサギ写真3(37.3KB)

コウノトリ目 サギ科 ゴイサギ


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


環境部 環境企画課 環境保全係
電話番号:019-613-8419
ファクス番号:019-626-4153
〒020-8531
盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎2階


[0] 盛岡市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) City of Morioka , All Rights Reserved.